So-net無料ブログ作成

7月4日にやったこと [日常]

ずっとTwitterまとめ投稿ばかりなので誰も見てないだろうと、こっそり書いてみる。
実話です。

7月4日未明、自宅最寄り駅近所のマンション11階から飛び降り自殺しました。
飛び降りる直前までは覚えてるけど、落ちてる最中の記憶はありません。
朝方、付近の住民らしき方に「大丈夫ですか?」と声をかけられて意識が戻ったので、落下時の痛みなどもわかりません。
ただ、その時点で自力では起き上がれず、救急車を呼ばれ市内の総合病院に搬送。
CTとか色々検査されたみたいだけどよく覚えていない。

気がついたときには、医師から「右肩甲骨と左肋骨、腰を骨折している、云々…」と言われたみたいだけど本当にこれだけなのかは意識がぼんやりしてたので覚えていない。
当然ながら入院。

ああ、また死ねなかったか。
練炭自殺→OD→飛び降り自殺と繰り返して死ねないなんて、悪運強すぎだろ。

肺に傷がついてたらしく(この説明を受けた覚えはない)左脇腹にチューブを刺されていたのと、点滴、痛み止めの点滴(モルヒネではないけど、それに近いものらしい)で、身動き取れず。
あと、鼻から酸素注入も。
二日間は飲食禁止。喉が渇くと懇願しても口内を湿らす程度しかしてもらえず苦しい。
小さな氷を舐めさせてもらえたときには本当に水分の重要さを実感。

入院3日目でチューブ外して(本人理由がわからないから)と頼むが当然拒否されたのだが、あまりにしつこく言ったせいか、「本人がそれでいいなら」と外してもらえた。(本来の状況考えたら有り得ない出来事)
その日の夕食から飲食可ということで3日ぶりに固形物を食べた。病院食なのに美味しい気がした。
水分は慎重に飲まないとむせる。(だからチューブ刺されていたのと水分禁止だったのだな)

この晩から謎の妄想を見る。
個室のはずなのに、職場の上司(独身)が壁ぎわの長椅子に寝てる。
でも朝方には姿が見当たらない。
え、職場にバレる?それは困る。出勤しなきゃ。でも動けない。
そのうちに起床の放送が流れ目覚める。
冷静に考えれば夢だとわかるのに、痛み止めの副作用で事実誤認。
薬って怖い。

入院4日目、リハビリ始まる。
とりあえず病室を出てトイレまで歩いて戻ってくるだけ。
普通に歩けるけど、リハビリ師が付ききりで酸素マスクつけさせられてた。

この日の晩も謎の妄想。
自分がココにいるのはおかしい。マズイ。外に出れば仲間が助けてくれると思い込み点滴等邪魔な物を無理やり外して、病室を出る。
当然ナースステーションで見つかる。「トイレですか?」適当に相槌打ちつつその先の階段にたどり着いたところで看護師に捕まる。何を思ったのか溝内くらわせるが、気絶させられるなんて漫画みたいな展開は起こらず、病室に連れ戻される。
意識朦朧としてる時、父が長椅子で寝てる気がした。気のせいではなくて現実でした。
深夜に(薬のせいとはいえ)暴れたので呼び出されたそうです(後日知る)。

入院5日目。医師より「明日退院でも大丈夫?」と聞かれ、入院なんて気分悪いだけなので多分大丈夫と答えて、明日退院で決定。(昨夜の暴行が原因?)
リハビリ2回目。車椅子に乗って、別棟のリハビリ室に移動。箸で豆をつかんで移す作業を淡々とやる。角度にもよるが、手自体は動かせる(食事自力でとってましたから)。
もう点滴も痛み止めも無く、痛み止めの薬を飲まされてました。

入院6日目。朝食こそ出たが、それ以外の身体のふき取りやリハビリ(こんなに早い退院は想定してなかったので、「リハビリやりましたよ(意訳)」な書類にサインした)もなく、昼前に退院。

実は、右足捻挫してた(長距離歩いたことなかったので気がつかなかった)り、骨折箇所が痛む。
他にもあちこち痛んだりしつつ。現在に至る。
肩腰は痛むけど、まあ1ヶ月も経ってるからある程度骨は治っているのだろうと思われ。
ただ、足の捻挫は治りそうで治らず、色々困る。
コミケには行きますが、新刊は・・・奇跡なんて起こらないんだよ(謎

以上、「7月4日にやったこと」とその後の出来事でした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。